イベント登録数2,895

マルウェア感染を未然に防ぐエンドポイントセキュリティ運用のポイント

~EPPとEDR、本当に優先すべきはどっち?~

このイベントは終了しました

イベント概要

エンドポイントセキュリティにも次世代化の波が押し寄せている中、近年EDR(Endpoint Detection and Response)に注目が集まっています。本来はマルウェア感染を未然に防ぐことが大切ですが、アンチウイルスなどのEPP(Endpoint Protection Platform)と共に、情報セキュリティ管理者様はEDRの運用管理も行う必要が出てきています。また、EDRも多種の製品があることから、その活用方法を正しく理解しきれていないお客様も見受けられます。

本セミナーでは、EPPとEDRを使い分ける有効な手法をご紹介します。マルウェア感染を未然に防ぎ、万一の感染時にも迅速に対応できる体制を構築するには、まず優先すべきはEPPで、EDRは補完的に利用することが大切です。セミナーでは、AIアンチウイルス「Cylance PROTECT」によるマルウェア検知・防御のライブデモや、EDRモジュール「CylanceOPTICS」についてもご紹介します。さらに、日頃マルウェア解析を含むサイバーセキュリティの研究・分析を行う当社の「セキュリティ研究所」から、昨今のセキュリティ動向と運用のポイントもご説明します。

開催日時 2019/05/24 (金) 15:00 ~ 17:30
会場

テクマトリックス株式会社 東京本社9Fセミナールーム (東京都)

会場住所 108-8588 東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル
料金 無料
定員 30人
Webページ https://www.techmatrix.co.jp/es/seminar/cylance-20190524.html
ジャンル セキュリティ
タグ

-