イベント登録数3,049

Utility3.0の実現に向けた東京電力パワーグリッドにおける事業開発戦略

Utility3.0の実現に向けた東京電力パワーグリッドにおける事業開発戦略

このイベントは終了しました

イベント概要

2016年4月に東京電力から分社化した東京電力パワーグリッドでは、制度や技術などの電力事業環境が大きく変化する中、事業構造改革を進め、業務の効率化とともに事業領域の拡大に取り組んでいる。
本講演では東京電力パワーグリッドの事業開発戦略として、来るべきUtility3.0の社会の実現に向けた事業領域拡大への取り組みについて講義する。
=================
1.東京電力パワーグリッドを取り巻く事業環境の変化 <Utility3.0>

2.東京電力パワーグリッドの事業構造改革への取り組み

3.東京電力パワーグリッドの事業開発戦略
(1)事業開発コンセプト
(2)国内事業展開
・エナジーゲートウェイの取り組み
・グリッドデータバンクラボの取り組み
(3)海外事業展開
・Greenway Grid Globalの取り組み
・TEPCO IECの取り組み

4.まとめ

17:00終了

講師:東京電力パワーグリッド株式会社 事業開発室 室長(現職)  難波 雅之 氏

開催日時 2019/03/15 (金) 15:00 ~ 17:00
会場

中央大学駿河台記念館 (東京都)

会場住所 101-8324 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
料金 28,080円
定員 30人
Webページ https://www.binet.co.jp/event/event.html#t03
ジャンル エネルギー & エコ
タグ

Utility3.0の実現 東京電力パワーグリッド