イベント登録数2,883

ゆるみ防止のためのねじ締結体設計と評価技術

*ゆるみ防止を基礎から締結部の信頼性評価の留意点まで解説!

イベント概要

部品を締める場合、どのようなボルト(サイズ・強度)を使用し、どこまで締めればよいかを力学的な根拠で決めているでしょうか? 勘やフィーリング、類似商品の模倣などから決めていると問題を起こしたり、大幅な過剰品質に陥ってしまったりする場合があります。
 設計現場では、ねじ締結部に発生する可能性があるすべての不具合を起こさないよう検討モレのない設計が求められており、いわゆる最適設計を図らないと厳しい企業間競争に生き残れない!といっても過言ではありません。
 本セミナーでは、ねじ締結のベテラン講師が、ねじ締結部にとって大きな問題である「ねじのゆるみ」に的を絞り、ねじ締結計算に不可欠な力学の解説から、ねじのゆるみについて、(1)発生メカニズム、(2)防止法(3)望ましいボルト形状、についてわかりやすく解説します。また、締結体設計方法とねじ締結部の信頼性評価時の注意点についても、ゆるみに重点をおいて解説します。

開催日時 2018/12/04 (火) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 大阪支社 セミナールーム (大阪府)

会場住所 大阪府大阪市中央区北浜東2-16
料金 43,200円
定員 20人
Webページ https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2119
ジャンル 生産管理
タグ

-