イベント登録数2,650

モビリティ革命でもたらされる新たな脅威への対応

組織に求められる対応をセキュリティと品質の視点から考察をします。(自動車技術の最新動向・IoTセキュリティ・IATF・コネクティビティ)

このイベントは終了しました

イベント概要

[後援]一般社団法人日本自動車部品工業会

今、モビリティ業界は革新技術による大きな変化の時代を迎えています。自動車メーカーはもちろん、異業種からも様々なモビリティサービスへの参入が加速しています。
今回は「CASE」関連の革新技術による新モビリティの時代を迎える中で、組織に求められる対応をセキュリティと品質の視点から考察をしてみます。

■プログラム
[第1部 基調講演]自動車技術最新動向~革新技術による自動車産業の変化
 (講師)一般社団法人日本自動車部品工業会
    技術担当顧問 松島 正秀 氏

[第2部 講演①]モビリティ関連業界において重要さを増すIoTセキュリティへの対応
 (講師)ビューローベリタスジャパン株式会社 システム認証事業本部
    ICTプロダクトマネージャー 山口 大輔

[第2部 講演②]IATF16949からみるモビリティ関連産業にさらに求められる要求と審査の実態
 (講師)ビューローベリタスジャパン株式会社 システム認証事業本部
    自動車産業プロダクトマネージャー 長沼 利夫

[第2部 講演③]今後増え続けるコネクテッド関連への対応
         ~コネクティビティ試験・認証の最新動向について~
 (講師)ビューローベリタスジャパン株式会社 消費財検査部門
    EAW事業部 7layersグループ  荒井 央(ひさし)

質疑応答

開催日時 2019/04/24 (水) 13:30 ~ 16:35
会場

CIVI研修センター日本橋 (東京都)

会場住所 103-0022 東京都中央区日本橋室町4-1-6 クアトロ室町ビル
料金 無料
定員 150人
Webページ https://service.bureauveritas.jp/Seminar-Training/course.php?type=1&cid=400
ジャンル セキュリティ
タグ

IoT セキュリティ コネクテッド コネクティビティ IATF モビリティ