イベント登録数2,895

TEDee@ITmedia

TEDee@ITmediaレポート:IT and Engineers
 3月9日、英語を話す機会を提供するコミュニティTEDeeと@ITが合同で「TEDee@ITmedia」を開催した。4回目の開催となる。TEDee@ITmediaは、エンジニア・デザイナー・IT業界に携わる人のための英会話道場。「英語というボトルネックをなくし、世界で勝負するための第一歩となる場所を提供すること」をミッションとして掲げ、2012年12月から始動した。  今回は、スペシャルバージョンとして、ゲストスピーカーを2名お招きした。第一部のゲストは、Googleでの就業経験を持ち、現在はソーシャル・リクルーティングサービス「Wantedly」を提供するウォンテッドでエンジニアを務める相川直視氏。第二部では、エンジニア歴30年・楽天で技術理事を務める吉岡弘隆氏が登壇した。  相川氏は、「Think Deeply to be Free」というテーマで講演を行った。相川氏は、「僕はGlobalとか英語とか、正直興味ありません。でも、自分は死ぬまでに作ってみたいものがあります。その夢に近づくためには、英語できたほうが楽そうだったんですよね」と語った。  英語は、相川氏にとって「ツンデレ」だという。しぶしぶ英語を勉強したら、いいこがたくさんあったが、親しみを覚えてきたとたんに英語(世界)は牙を向いてきたそうだ。  ディスカッションでは、「よりGlobalな人間であることや英語が、どこまで大事なのか」をテーマに話がすすめられた。例えば、英語圏の人から「国語で悩んでる」と言われても、「そんなどうでもいいことで悩んでいないで、他のこと考えればいいのに……」と思うかもしれない。そういった点も含めて議論が交わされた。  ディスカッションの後は、チームごとに議論の内容を英語で発表した。  続いて、第二部では、「ITとそこで働くエンジニア」について吉岡氏が講演。  講演では、IT業界を支配する2つの法則について触れ、ITによって世界をよりよくしようと考えているエンジニアたちが持つ共通の価値観、ハッカー倫理とは何かを述べた。 IT and Engineers. Presentation at TEDee x ITmedia on March 9th, 2013 from Hiro Yoshioka  参加者たちは、それらに共感する人たちが持つものは何なのか、などを議論した。  イベントの最後には、ビールを片手に懇親会♪  こうして、第4回「TEDee@ITmedia」は終了した。第5回「TEDee@ITmedia」は、4月30日(火)19:30から開催(参加申し込みはこちら )。  「TEDee@ITmedia」は、毎月1回開催している。場所はアイティメディア。世界で勝負するための第一歩を踏み出したいという方であれば、誰でも無料で参加できる。