イベント登録数1,732

標的型攻撃の手法や実態を解説!回避テクニックと効果的な対策方法とは

このイベントは終了しました

イベント概要

標的型攻撃の高度化により、今もなお、多くの企業が被害にあっています。
高度な攻撃はネットワーク・エンドポイントセキュリティセンサーを巧妙に回避し内部に潜入を試みます。そして日本の組織に着弾し、巧妙に既存のソリューションをすり抜け、甚大な被害をもたらす脅威の実態があります。

本セミナーでは、長年セキュリティ業界を牽引し、数々のメディアに取り上げられているAttivo Networks社CSSのChirs Roberts氏と、10年以上アジア圏で活動するサイバースパイを分析するTEAM T5社のCEO、TT氏が、テクニカルな側面から標的型攻撃の手法や実態を解説します。

また日本企業を標的としたサイバー攻撃について調査・分析しているマクニカネットワークスより、実際に日本の企業に着弾した攻撃や、センサーをすり抜ける脅威を技術的な視点から解説します。

是非ご参加ください!

開催日時 2019/08/01 (木) 13:00 ~ 17:30
会場

トラストシティカンファレンス・丸の内 Room1 (東京都)

会場住所 100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館11階
料金 無料
定員 40人
Webページ https://www.macnica.net/security/seminar_10.html/?cid=css180454AD-F
ジャンル セキュリティ
タグ

MpressionCSS Attivo TEAM T5サイバー攻撃 回避テクニック 対策方法