イベント登録数4,824

「図解力向上と最新JIS製図」講座

製図の基本を理解し、設計意図を伝えるテクニックを学ぶ

このイベントは終了しました

イベント概要

 本セミナーは、“わかりやすく、すぐに役立つ図面の基礎”を習得してもらうことを目的としています。
 2次元CADおよび3次元CADの普及により、従来に比して図面を描く作業は効率化しています。そんな中、アナタの設計は、線と線をつなぎ合わせて描いた、あるいは、従来図面をパラメトリックに編集(変形)したのみの「成り行きのカタチ」になっていませんか? 機能および(その結果としての)形状をきちんと理解しなければ単なるカタチであり、重量増によるコストアップや強度不足、累積公差による品質低下を招きかねません。設計者の根拠と意図を込めた図面を作成し、モノづくりに関わるすべての方に提示しなければ、正しいモノづくりができません。
 本セミナーでは、JIS製図法から投影図の表し方、寸法記入の考え方まで基礎を徹底的に指導します。多忙な設計業務において、OJTで製図の作法を学ぶのが難しい時代となっており、日常的に抱いている図面の描き方への“アタマのモヤモヤ”を解消する絶好の機会となるはずです。
 また、JIS製図法はISO(国際規格)に準拠したかたちで改定がなされており、世界に通用する図面を描くためには、図形をアタマの中で整理し、かつ、それへの理解が必須です。これらからの設計業務の質を一段とアップするために、新人~若手設計者、製図の基本を見直したい方はもちろん、トレーサー(CADオペレーター)の参加を広くオススメいたします。

※受講生には、書籍「図解力・製図力 おちゃのこさいさい -図面って、どない描くねん!LEVEL0」を進呈します。

【受講効果】
①機械設計者として図面に意志を入れるための最低限の知識が得られます。
②演習を通じて、機械設計者としての思考力を向上することができます。
③思考力を支える図解力と製図力を向上することができます。
④図解力を高めるアイデア発想力と図面を読む力が身につきます。
⑤そして、上司や先輩も正しく理解していない製図作法が学習できます。

【受講対象】
新人~入社5年目ぐらいの技術者。あるいはトレーサー、CADオペレータの方。
生産技術者や加工現場の作業者。また、購買・営業などの実務で図解読解力が必要な方。

開催日時 2018/05/18 (金) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 大阪支社 セミナールーム (大阪府)

会場住所 大阪府大阪市中央区北浜東2-16
料金 43,200円
定員 20人
Webページ https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1544
ジャンル メカ設計
タグ

-