イベント登録数4,977

樹脂材料・製品の劣化メカニズム、寿命予測、劣化加速条件の設定手法を学ぶ

このイベントは終了しました

イベント概要

樹脂製品が熱負荷を受けてその特性が低下した場合、因子はその特性値と温度と経過時間の3つである。
この場合、特性値と温度、特性値と経過時間、温度と経過時間がそれぞれ相関していれば、特性値を目的変数とし、残りの2つの因子を説明変数として重回帰分析を行なうことにより、特性の寿命予測が可能である。
 更には、設定する寿命予測式がアレーニウス式の様な法則式であれば関係者に対する理解が得られ易い。
 本講座は、対象をプラスチック、ゴム、粘・接着剤の樹脂材料全般とし、各種劣化モードにおける寿命予測を、重回帰分析の手法により、アレーニウス型やラーソンミラー型の予測式設定に繋げたため、予測結果が実データにきわめて近似することを特徴とする。
 また、ほとんどの劣化モードについて劣化メカニズムを解説しているので、類似の不具合が発生した際には、迅速で的確な対策が策定できる内容としている。

★---------------------------------------------------------------★
【対象】
プラスチック、ゴム、粘・接着剤の樹脂材料全般
★---------------------------------------------------------------★
【本講座のポイント】
各種劣化モードにおける寿命予測を、重回帰分析の手法によりアレーニウス型やラーソンミラー型の予測式設定に繋げ実データにきわめて近似する予測結果を得る
★---------------------------------------------------------------★
受講対象者:
開発、設計、品質管理、品質保証、評価・実験、生産技術に携わる担当者全般
★---------------------------------------------------------------★

開催日時 2017/12/08 (金) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 大阪支社セミナールーム (大阪府)

会場住所 大阪府大阪市中央区北浜東2-16
料金 43,200円
定員 20人
Webページ http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1195
ジャンル 生産管理
タグ

-