イベント登録数3,148

国際画像機器展2018

国内最大・最先端のマシンビジョンが集う展示会

イベント概要

 ものづくりにおける自動化・省人化を支える技術として、また、安心で快適な社会を維持するための技術として、マシンビジョンへの期待は一層高まっています。
 本展示会では、ロボットビジョン、メディカル、セキュリティ、3次元、ITS、インフラ整備といったテーマでゾーン・コーナーを展開し、マシンビジョンの最先端技術をご紹介いたします。
 近年の自然災害やオリンピック招致などにより注目が集まる「インフラ整備」に加えて、多岐にわたる分野でマシンビジョンへの導入が進む「ディープラーニング」をキーワードとした特別コーナーを設置し、皆様の興味・関心にお応えいたします。
 さらに、画像処理技術が活用される分野での最新の話題や市場動向などについて、第一線の専門家が解説する招待セミナーを企画いたします。
 また同時開催のビジュアルメディアExpoとも連携し、VR/ARや映像制作関連の方の来場を促進することで、新たな分野の来場者獲得を目指します。
 本年も、国内外の主要なマシンビジョン関連団体から協賛を得て、さらなる市場の拡大を目指し、「国内最大・最先端のマシンビジョンが集う展示会」として新規顧客獲得、新たなビジネスパートナーとの出会い、市場ニーズを掴む情報交換の場として皆様のビジネスチャンスに貢献いたします。

開催日時 2018/12/05 (水) ~ 2018/12/07 (金)
会場

パシフィコ横浜 ホールD (神奈川県)

会場住所 220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1−1−1
料金 無料
定員 なし
Webページ https://www.adcom-media.co.jp/ite/
ジャンル 生産管理
タグ

セキュリティ メディカル ITS ロボットビジョン 自然災害 オリンピック招致 インフラ 老朽化 マシンビジョン 画像処理 ロボット ビジョンシステム Industrie4.0 IoT AI 招待 セミナー 市場 展示会 ビジネスパートナー 市場ニーズ 情報交換 ビジネスチャンス ディープラーニング