イベント登録数3,616

幾何公差で図面を変える設計改革

誤解を与えない図面表現により設計品質を向上させ、後工程(製造・測定)での手戻りを無くす。

イベント概要

 製造業にとって、日々のコストダウン活動は避けてとおることができません。本セミナーでは、技術部門、製造・管理部門がそれぞれ、大きなコストダウン成果に結びつけていくための原価管理の進め方について学んでいただきます。
 原価管理を推進するのに必要な“コストの見える化” をはじめ、セオリーである「誰が」「何を」「どれくらい」をキーワードにした、各部門に必要なアクションを明確にしていきます。また、これらを適用した材料費と加工費の多くのコストダウン事例を紹介し、自社のコストダウンへの応用のやり方をトコトンわかりやすく解説いたします。工場で活躍されるすべての方を対象にしたセミナーです。

本セミナーをお申し込みの方に、「今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい原価管理の本」を進呈いたします。

【対象者】
製造部門、生産技術部門、製品設計部門、生産管理部門、原価企画部門、コスト管理部門など

開催日時 2019/03/26 (火) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場 (大阪府)

会場住所 大阪府中央区北浜東2-16
料金 43,200円
定員 20人
Webページ https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2377
ジャンル 生産管理
タグ

-