イベント登録数2,941

基礎から学ぶプレス絞り加工の勘どころ

豊富な事例で理解する… 絞り加工の基礎から特殊絞り加工、ドライプレス加工まで

このイベントは終了しました

イベント概要

 「絞り加工」は、1枚の金属板から継ぎ目のない底付き容器を加工し、成形する加工法であり、もっとも有力なプレス加工の1つです。フライパンなどの日用品から、デジタルカメラの筐体や自動車の外板パネルなどの工業製品まで、あら
ゆる製品が絞り加工によりつくられています。一方で、このように応用範囲が広いがために加工トラブルが起きやすく、難易度が高い加工法の1つとされています。
 本講座は、新人~若手技術者でも理解できるよう、まずは絞り加工の全体像を把握してもらい、そのうえで各論を解説します。具体的には、まず、顧客から絞り製品の図面を渡されたときに、どのような作業手順により製品までに仕上げ
るのかを概略的に示し、絞り加工の全体的な工程を把握してもらいます。次に、豊富な事例を交えながら、各工程の解説を通じて絞り加工の勘どころを掴んでもらいます。講座の終盤には、これからの絞り加工の1つとして、講師が開発に
携わった「ドライプレス加工」も紹介します。
 絞り加工の基礎はもちろん、最新事例も学習できる構成となっており、幅広い方の参加をおススメいたします。

開催日時 2018/08/29 (水) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場 (大阪府)

会場住所 大阪府中央区北浜東2-16
料金 43,200円
定員 20人
Webページ https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1827
ジャンル 電子機器 & 家電/AV
タグ

-