イベント登録数2,972

実践! IoT体験&導入支援講座

~稼働管理・AI画像認識など6つのパッケージアプリの導入コンサル付き体験セミナー~

このイベントは終了しました

イベント概要

ドイツの「Industry4.0」や米国の「Industrial Internet Consortium(IIC)」などのコンセプトが提示されて以来、製造業のIoT化への対応が急務となっています。IoTによりセンサレベルからSCADA、MESなど上位システムまでの連携が可能となり、AIやビッグデータ解析との組み合わせにより生産現場の「見える化」「つながる化」「考える化」が期待されるからです。生産工程のプロセス全体のIoT化による稼働率の最適化や予知保全、受注予測が試行されており、大企業の工場を中心に取り組まれつつあります。
 かたや、中小企業での導入はまだまだといった状況です。中小ユーザー企業自身で導入にかかる要求定義ができないことに加え、IoTの検証実験にコストを要し、自社の生産現場で試せないことが、おもな原因となっています。そこで、汎用的かつニーズの高い「遠隔支援」「稼働管理」「AI 画像処理による自動検査」「AI 音声処理による自動報告書作成」「AI アドバイザーによる技能伝承」「AI文字認識による文書管理」の6つの機能をパッケージ化し、体験ラインとして用意しました(写真)。要求定義という難しい作業が不要なうえ、自社に必要な機能を容易に導入できます。
 本セミナーでは、これらの機能を備える体験ラインに見て、触れて、体感していただき、個別相談を通じて自社への導入をイメージしていただきます。本ラインはNEC、東芝、シャープ、グルーブノーツ(グーグル)、キーエンス、コージェントラボの6社のコラボで実現したもので、個別相談では自社に適したパートナーの選択につながるよう、各機能で2社の技術を紹介します。また、後段の講義ではIoT導入の前に取り組むべきKAIZENの進め方を解説。IoT導入のための手順をがっちりと掴んでいただきます。

【本セミナーの特徴】
❶実機に触れながらIoT・AIによる機能が学べます。
❷ニーズの高い遠隔支援、稼働管理、AI画像処理による自動検査、AI音声処理による自動報告書作成、AIアドバイザーによる技能伝承、AI文字認識による文書管理が体験できます。
❸個別相談では上記機能について2社の技術を説明するため比較しながら学べます。
❹個別相談では自社の現場を踏まえて導入方法を指南します。

開催日時 2019/04/16 (火) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム (東京都)

会場住所 103-8548 東京都中央区 日本橋小網町14ー1 住生日本橋小網町ビル
料金 48,600円
定員 20人
Webページ https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2426
ジャンル 生産管理
タグ

-