イベント登録数2,163

【事例から学ぶ】不正取引への対応と予防策

~税務調査で発覚した不正取引をモデルに考える~

イベント概要

──────
■ 講義概要
──────
 税務調査等により表面化した不正取引を参考として、モデル化した事例を踏まえた不正取引への対応と事前に採るべき対策を解説します。
 昨今の税務調査では、法人の不正取引に伴う税務上の問題が指摘されることがよくあります。これらの不正取引が税務調査により発覚し、その所得の計上漏れや架空経費が指摘され、多額の追徴課税が生じ、また、刑事責任に繋がるケースも多々あります。

 本セミナーでは、主に架空経費計上等の事例を題材として取り上げます。この架空経費の計上に至る経緯には、大きく分けて2つのパターンがあり、従業員のみが行う場合と、経営者等が主導する場合です。このいずれかにより、重加算税が課せられる範囲が大きく異なってきます。
 モデル化した事例からは、従業員による不正を防ぐことができなかった企業側の盲点や、不正に関わった経営者と取引先との関係等を検証し、パターン化された不正の仕組みをご説明します。さらに、企業が行うべき予防策等のご紹介も行います。

──────
■ 講義内容
──────
・不正取引モデル化事例の紹介
・不正取引における税務上の取扱い
・重加算税の適用範囲
・不正取引に対する実務対応
・企業が行うべき予防策等

────
■ 講師
────
・武田 涼子 (たけだ りょうこ) 氏
 シティユーワ法律事務所 弁護士、公認不正検査士
 修士 (法学, ロンドン大学 (UCL))
 第一東京弁護士会 登録、日弁連税制委員会 委員、公益財団法人日本税務研究センター (JTRI) 租税法事例研究会 研究員、筑波大学大学院 非常勤講師

・大畑 智宏 (おおはた ともひろ) 氏
 大畑智宏税理士事務所 所長、税理士
 大原簿記学校 税理士受験講座・実務講座相続税 講師
《 経歴 》
 税理士法人エーピーエスを経て独立。現職。
 東京税理士会 調査研究部委員、東京税理士会 会員相談室 相談委員、日本税務会計学会 経営部門委員、日税連 第 41 回公開研究討論会 研究員を務める。

開催日時 2019/08/27 (火) 13:30 ~ 16:30
会場

富士ソフト アキバプラザ 7F プレゼンルーム (東京・秋葉原) (東京都)

会場住所 101-0022 東京都東京都千代田区 神田練塀町 3
料金 16,200円
定員 35人
Webページ https://www.acfe.jp/training/seminar-schedule/2018082701.php?itmedia
ジャンル 財務/会計
タグ

不正対策 ACFE CFE 公認不正検査士 税務調査 不正取引