イベント登録数737

新型コロナウイルス感染症に対する日本企業のデジタル化への取り組み

コロナから今後日中ビジネスへの示唆など、日本側視点から中国事業に詳しい専門家にぜひ直接質問を投げかけてください!

今日

イベント概要

■背景
2020年中国で発生した「新型コロナウイルス感染症」の感染が拡大する中、日本でも訪日中国人客の旅行キャンセルが相次ぎ、インバウンド業界は大打撃を受けています。野村総合研究所によると、今回の新型肺炎の影響を2003年に発生したSARSの際と同じ割合訪日客が減少し、それが1年続いたと仮定すると、日本のGDP全体の0.45%に該当する2兆4750億円減少すると試算しています。

「中国側の出国規制と日本側の入国規制がより厳しくとられている現状では、仮に感染者の拡大の勢いに早晩衰えが見られ始めるとしても、中国人訪日観光客数が元の水準に戻るまでにはかなりの時間を要するだろう。その間は、インバンド需要の落ち込みが、関連する消費関連業種に打撃を与え続けることになる。」という状況が述べられました。さらに、日本でも感染拡大が深刻になってきており、リモートワークとオンライン展開への検討が急速に進められています。

このような状況において、デジタル化が進んでいる中国側で、今回の新型コロナウイルスを背景に、企業と個人ユーザーの間にどのような変化が起きているかという現場の情報をシェアします。また、インバウンドプロモーションに携わった専門家を呼び寄せ、
「同じ状況に迫られている日本企業がどう取り組むべきか」
「日中関連事業再開に向けた対応時期とどのように対応するか」
について、このイベントで探っていきます。

■開催概要
時間:4月2日(木曜日)19:15〜20:45
開催形式:オンライン
参加方法:参加申込後、開催前日までに参加URLを送付いたします。Facebook限定グループにて配信いたします。※ Facebookアカウントが必要となります。

■イベントの特徴
・中国市場において今起きている変化の最新情報を短時間で身につけることができる
・新型コロナウイルスの影響を機にオンラインビジネスにシフトした事例&データを入手できる
・日中ビジネスの第一線で活躍する専門家とリアルタイムに交流

■イベントプログラム
19:00 受付開始
19:15〜
・オープニング挨拶

・第1部テーマ:
新型コロナウイルス感染症における中国市場の変化から学ぶ日本企業デジタル化への取り組み
対談:池田 龍矢×玄 傑

・第2部テーマ:
中国デジタルコンテンツ制作事例からみる優れたユーザー体験とは?
対談:池田 龍矢×顧 天下

20:30〜20:45
振り返り・質問応答

開催日時 2020/04/02 (木) 19:15 ~ 20:45
会場

オンライン開催 (東京都)

会場住所 東京都
料金 3,000円
定員 なし
Webページ https://uhandonline0402.peatix.com/
ジャンル マーケティング & 販売
タグ

-