イベント登録数4,210

これだけはおさえておきたい機械学習の基礎

ビッグデータをビジネス価値のある情報にするためのデータ分析手法

このイベントは終了しました

イベント概要

【AI や人工知能のサービスに利用されている機械学習の課題とは】
近年、注目されているAI や人工知能のサービスは、その多くが機械学習を利用しています。
しかし、機械学習についてそのしくみや原理を正確に理解している人はまだまだ少ないのが現状です。一方で、 AI や人工知能の中身は利用者に対してブラックボックス化されており、今後さらに機械学習の技術が進化するとともに、AI や人工知能の中身も変化し続けることでしょう。
いまのうちにAI や人工知能のベースにある機械学習の原理や本質をしっかり理解しておくことが大切です!

【 ポイント】
・機械学習に必要なのは”データ”と”アルゴリズム”です。
「“どういったデータ”を“どういったアルゴリズム”でという重要なポイント」を決定するには、データの種類や目的に応じたデータ分析手法を理解して、データに適用できるスキルが欠かせません。
・機械学習の基本的な原理を把握して、漠然とした印象を具体的、実践的なイメージに!

表面的な機能だけではなく、ブラックボックス化されている“機械学習の本質を理解する”、それがビッグデータを価値のある情報にするために何よりも大切です!

【アジェンダ】
1.「ウェブアクセス解析」におけるビッグデータ活用事例
2.機械学習入門
 ・機械学習の概要、機械学習の流れ、機械学習の種類
3.機械学習における手法、アルゴリズムの紹介
 ・回帰分析
 ・クラスタリング分析 他
4.機械学習の事例紹介

【講演者紹介】
長橋 賢吾 フューチャーブリッジパートナーズ 株式会社代表取締役

慶應義塾大学環境情報学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修了、2005年東京大学大学院情報理工学研究科修了。博士(情報理工学)。英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所訪問研究員を経て、2006年日興シティグループ証券(現、シティグループ証券)にてITサービス・ソフトウェア担当の証券アナリストとして従事したのち2009年3月、フューチャーブリッジパートナーズ株式会社を設立。
経営の視点から、企業戦略の策定、経営管理、IR支援、M&A, 資金調達、データ活用を実施する。2014年「データサイエンス講座」を実施、毎回・満席の好評を得る。
株式会社アプリックス 代表取締役兼取締役社長。

開催日時 2018/02/26 (月) 18:20 ~ 19:50
会場

アイ・ラーニング研修センター (茅場町駅、水天宮前駅) (東京都)

会場住所 103-0015 東京都東京都中央区日本橋箱崎町4-3
料金 無料
定員 30人
Webページ http://www.i-learning.jp/seminar/yorusemi24.html
ジャンル UI & Webサービス
タグ

機械学習 AI ビッグデータ アナリティクス データ分析