イベント登録数3,287

先行開発段階で必要な設計力を学ぶ

“ダントツ製品”を生み出す新製品開発での設計の極意とは?

このイベントは終了しました

イベント概要

企業が新製品を開発するにあたっては当然ながら「いかに競合との違いを出し、顧客に選ばれるか」が最大のミッションとなります。高い収益性を誇る高付加価値商品として選ばれるために必要な要素は、かつては機能性の優劣が大きな割合を占めていました。ところが市場が成熟した現在では、競合を凌駕する性能、コスト、高信頼性など、他を圧倒する優位性をはじめから意識した新製品を生み出せなければ、競合に勝てない時代になりつつあります。こうした時代に求められる製品開発において、設計が果たすべき役割とは何でしょうか?
 量産段階に至るまでの設計プロセスやデザインレビューについては、これまで多くの方法論が提唱されてきましたが、先行開発段階において必要な設計力については、あまり語られることがありませんでした。この先行開発段階の方法論について解説された『「設計力」こそがダントツ製品を生み出す-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-』が上梓されたのを機に、著者でもある講師に事例を交えながら方法論を解説してもらい、ナンバーワン商品を生み出すヒントを得てもらうべく、本セミナーを企画しました。世界を相手にナンバーワンを取りに行こうという野心にあふれた技術者の参加をお待ちしております。

※本セミナーを受講される方には、講師著書『「設計力」こそがダントツ製品を生み出す-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-』を受講当日に無料で進呈いたします。

本セミナーで習得できること
・ダントツ目標に必要な要件とその具体的な設定方法が理解できます。
・ダントツ目標実現の先行開発段階の詳細プロセスを知ることができます。
・先行開発段階に必要な「設計力」とその技術知見・判断基準など7つの構成要素を把握し、実践で活かすことが出来ます。
・ダントツ目標実現のさまざまな実践事例を知ることができます。

開催日時 2019/02/19 (火) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム (東京都)

会場住所 103-8548 東京都中央区 日本橋小網町14ー1 住生日本橋小網町ビル
料金 43,200円
定員 20人
Webページ https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2221
ジャンル メカ設計
タグ

-