イベント登録数4,758

はじめて学ぶ「溶接材料学」

材料から考える「溶接技術」

このイベントは終了しました

イベント概要

溶接は、「つなぐ」技術として身の回りにある製品の多くに適用され、製造分野では欠かせない「ものづくり」の基盤技術として位置づけられています。溶接は材料や部材の局部に熱を集中させ、溶かしてつなぐ技術です。しかし加熱・溶融・凝固と急速な冷却を受ける溶接部は材質を変化させ、形状的にも不連続となるため、継手部の強度や耐食性などに影響を及ぼします。これらの溶接にともなう問題の本質を理解するためには、溶接熱が絡むプロセス・冶金・力学の知識を体系的に学習する必要があります。
本講座では、「溶接を材料側から理解して、溶接品質の確保や溶接・材料の技術的な課題の本質が見極められるように」を目標に、溶接・接合のメカニズムから掘り起こし、溶接を始めるために必要な基礎知識を鉄鋼材料やアルミニウム合金の溶接を通してわかりやすく解説します。

開催日時 2017/03/21 (火) 13:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム (東京都)

会場住所 東京都中央区 日本橋小網町14ー1 住生日本橋小網町ビル
料金 32,400円
定員 20人
Webページ http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/634
ジャンル 電子機器 & 家電/AV
タグ

-