イベント登録数2,895

最新の消費者行動から学ぶ「日本発のマーケティング戦略」

最新のデータ環境において、日本から世界に発信するマーケティング戦略を解説

このイベントは終了しました

イベント概要

AI時代の今、データは日々大量に発生しています。企業は、従来以上に消費者の行動を的確に捉え、マーケティング戦略や企業戦略に活用し、アクションを起こす必要があります。一方、昨今のブラックボックス型のAIでは、消費者像を的確に捉えることは困難という状況も生まれつつあります。

消費者の購買行動を体系的に構造的に捉え、多種多様な顧客へのより良いサービスや商品提供をするためにはどうすれば良いでしょうか?

その一つのヒントが、長年、アカデミック分野でも研究されてきた消費者行動研究(Consumer Behavior)やマーケティング・サイエンスといった領域に存在します。

当セミナーでは、消費者行動研究の第一人者でもあり、数多くの企業との産学連携の実績をお持ちの慶應義塾大学 商学部の清水聴教授より、最新のデータサイエンスの活用や研究を事例を交えてわかりやすくご紹介します。

さらに最新のデータ環境において、どのように消費者行動を捉えるべきかについて今後のデータ分析、活用の方向性を示すと共に、日本独自のそして日本から世界に発信できるマーケティング戦略とはなにかについても解説いただきます。

開催日時 2019/02/05 (火) 10:00 ~ 17:00
会場

フクラシア品川ステーション(高輪口) (東京都)

会場住所 108-0074 東京都東京都港区高輪3-25-33 長田ビル6階
料金 48,600円
定員 30人
Webページ https://smart-analytics.jp/events_and_seminars/mes-3/
ジャンル マーケティング & 販売
タグ

マーケティング戦略 消費者行動 マーケティング・サイエンス データサイエンス データ分析 人工知能