イベント登録数3,121

[実務家が語る不正調査の基本] 企業における経営戦略と不祥事の抜本的対策

人気講座「企業実務家が語る不正調査の基本シリーズ」のひとつです!

イベント概要

━━━━━━
■ 講義概要
━━━━━━
 企業不祥事の発覚が相次いでいます。それぞれの事件に対して、弁護士、公認会計士、学者、研究者などの外部の専門家が、第三者委員会やマスコミを通じて様々な指摘や意見を挙げますが、企業実務者の立場からは、企業内部の実態をふまえた「より実践的なアドバイス」が欲しいのではないでしょうか。
 本セミナーでは、企業実務者としての視点、すなわち、経営戦略、内部監査、法務、コンプライアンス、経理・財務、不正調査、現地・現場など、企業内で多くの部署を見てきた、その豊富な経験から、「不正調査の基本」シリーズとして 3 回に分けて、不正調査の実務について原理原則や調査事例をご紹介いたします。

 第 3 回の今回は、「企業における『経営戦略と不祥事の抜本的対策』」をテーマに、不正対策の実務家が備えるべき能力や取り組むべき事項を取り上げ、また、プロとしての不正対策の実務家の姿と組織の不正対策の有り様について解説します。
 コンプライアンス、内部統制、内部監査、不正調査などに携わる方々や、それらの業務を管掌する役員の方々、また、一段階上を目指す実務者の方々にお勧めします。

━━━━━━
■ 講義内容
━━━━━━
 以下の説明において、「内部調査」は「内部監査、コンプライアンス調査、不正調査、自己点検などの組織内で行う調査・点検」の総称として使用しています。

2019 年 3 月 29 日(金):第3回:企業における『経営戦略と不祥事の抜本的対策』
・全社的リスク マネジメント (ERM) の高度化
・抜本的対策の方向性
・「経営戦略、不正調査、ERM」の統合実現
・企業不祥事の根本原因は企業風土?
・企業文化と企業風土の違い
・企業風土監査の具体例
・“不正対策専門家”の資質と姿勢
・“不正対策専門家”のプロの条件とは?
・不正検知チェック リスト事例のポイント紹介 (対象:ガバナンスおよび内部統制 (経理、人事、開発、生産、購買、販売、物流、など)

━━━━
■ 講師
━━━━
・吉田 邦雄 氏
 株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス 内部監査室 部長
 一般社団法人経営倫理実践研究センター 上席研究員
 一般社団法人日本内部監査協会 講師
 公認不正検査士 (CFE)

開催日時 2019/03/29 (金) 13:30 ~ 16:30
会場

連合会館 4F 402 会議室 (東京都)

会場住所 101-0062 東京都千代田区 神田駿河台 3-2-11
料金 16,200円
定員 46人
Webページ https://www.acfe.jp/training/seminar-schedule/2019032901.php?itmedia
ジャンル 経営 & 法務
タグ

不正対策 ACFE CFE 公認不正検査士 不正調査