イベント登録数4,820

標的型攻撃対策&メール無害化メールセキュリティ事例

「サンドボックス機能」や「メールの無害化」、「インターネット分離」で組織を守る

このイベントは終了しました

イベント概要

本セミナーでは、AI技術のディープラーニングによる「サンドボックス機能」や「メールの無害化」、「インターネット分離」等、 既に従来型の方法では攻撃を阻止することは難しく、 巧妙化する攻撃から情報基盤を守る最新手法や弊社のメールセキュリティソリューションを活用した対策事例を説明いたします。

・「未知の脅威に対する有効な対策を検討したい」
・「高度なセキュリティだと運用負荷が非常に大変になるだろう」
・「なぜインターネット分離、メール無害化が必要なのか」
・「検討事項が多すぎて、進め方がわからない」
・「投資コストを抑えたい」
といった懸念点を踏まえ、実際の画面も交えつつ、機能面や運用面でのメリット説明、他社製品との違いの情報提供のほか、ご導入に際しての注意点などのご相談も承ります。
自社のメールセキュリティ対策の一層の強化を検討中の方、少しでもご興味がある方もお気軽にご参加ください。

首都圏以外にお勤めの方におすすめのオンラインセミナーもございます!
https://www.cybersolutions.co.jp/event/stweb_seminar?utm_source=eventlog

開催日時 2018/08/10 (金) 16:00 ~ 17:30
会場

サイバーソリューションズ 東京本社 (東京都)

会場住所 108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8F
料金 無料
定員 なし
Webページ https://www.cybersolutions.co.jp/event/st_seminar?utm_source=eventlog
ジャンル ITインフラ
タグ

サイバーソリューションズ株式会社 クラウドメール 国産 リプレイス オンプレ 標的型メール攻撃 アンチスパム アンチウイルス サンドボックス