イベント登録数612

2029年、AIは人間の知能を超える

【シリコンバレー最新レポート】-現行AIの限界を超える研究開発のロードマップと次世代AIを見据えた事業構築のヒント-

このイベントは終了しました

イベント概要

※新型コロナウイルス影響により、講師の宮本和明氏のご来日が叶わなくなり、当日の会場受講はZoomによる講演になります。

■ライブ配信 
<1>Zoomにてライブ配信します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSをお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。

■アーカイブ配信
<1>YouTubeにて開催日より3~10日以降に配信します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送りします。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。

■DVD受講
<1>お申込時にご登録いただいたご住所にご用意ができ次第(開催日より14日前後を想定)、 収録動画のDVDをお送りします。

【重点講義内容】
<1>現行AIの限界と危険性
  1.AIはフェイクビデオで人を騙す
  2.AIアルゴリズムは簡単に騙される
  3.AIは世界の個人情報を学ぶ
  4.AIのロジックが見えない
  5.AIが巨大化し地球温暖化の原因
<2>現行AIの限界を超える研究
  6.AIが人間のように知識を学習する
  7.AIが人間のように会話する
  8.量子コンピュータでAIを高速実行する
  9.人間の知能を超えるAIへのロードマップ
<3>次世代AIを事業に活用する方法
  10.AIが人間のようにエッセイを書き始めると
  11.レジ無し店舗は次の段階へ
  12.人間のように運転する技術
  13.ピッキングで人間の技量を超える
  14.危険なアルゴリズムが薬を設計する
  15.Glassboxがアルゴリズムの判断理由を説明する
  16.フェイクメディアを検知する

講師プロフィール

宮本 和明氏
1980年 富士通に入社。1985年 富士通関連会社Amdahl Corp.(カリフォルニア州サニーベール)に出向し、アメリカでスーパーコンピュータ事業の立ち上げに従事。
2003年3月 富士通を退社し、リサーチ会社VentureClefを設立。アナリストとしてコンピュータ技術の最新動向を追う。シリコンバレーのベンチャー企業にフォーカスし、時代を変える技術の発掘と解析を行う。25年に及ぶアメリカでのキャリアを背景に技術トレンドをレポート。

開催日時 2020/04/09 (木) 14:00 ~ 17:00
会場

SSK セミナールーム (東京都)

会場住所 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
料金 33,550円
定員 なし
Webページ http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20141.html
ジャンル ITインフラ
タグ

-