イベント登録数4,088

簡単! 便利! 明日から使える!Excelを使ったやさしい射出成形解析

̶工程能力の改善から目標成形品質の探索方法と回帰分析、各種不良解析まで

このイベントは終了しました

イベント概要

射出成形に限らず、生産現場で効率化を進め、かつ効果を得るためには、定量的に数字で解析・評価することが大切です。生産性向上としての成形サイクルを短縮するためには、まず、適切なサイクルタイムを知る必要があります。さらに、段取り時間や成形サイクルを改善した場合、不良率を低減した場合など、具体的な成果を知るためには、単位時間あたり費用(賃率)がわかると便利です。
 射出成形加工の現場では成形不良が多く発生しますが、その対策方法には成形技術(技能)からの対策方法と、数値解析からの対策方法があり、パソコン(PC)を用いて簡単に数値解析や統計解析ができます。現在は、Excelという便利なツールがあり、これらの理論を理解していなくても、必要なデータを入力するのみで様々な解析が可能です。本講座は「Excelを使ったやさしい射出成形解析」と題し、Excelを用いた解析例や計算例を紹介します。
 具体的には、(1)Excelの表計算ソフトを使って、回帰式を求め、その結果を成形機選定、成形サイクル、賃率計算への応用例、(2)アドインソフトの分析ツールを用いて工程能力を算出したり良品条件を探索したりする手法、(3)微分・積分の代わりに繰り返し計算を用いて、圧力損失や冷却計算などを行う手法、などをそれぞれ解説します。
 本講座で使用するプログラムは皆様に提供しますので、成形条件の探索のためのデータ分析やサイクルタイムの短縮など、各自で日常業務に役立ててください。

※本セミナーで使用するプログラムは、開催3日前頃にメールにてご案内いたします。必ずメールアドレスを記載のうえお申込みください。
※「Excel2010」以降のバージョンをインストールしたPCを持参してください。
※テキストには「エクセルを使ったやさしい射出成形解析」を使用。受講者に進呈します。

開催日時 2018/06/14 (木) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム (東京都)

会場住所 103-1066 東京都中央区日本橋小網町14ー1 住生日本橋小網町ビル
料金 43,200円
定員 20人
Webページ https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1641
ジャンル メカ設計
タグ

-