イベント登録数2,272

【演習で学ぶ】 統計の基礎とデータ解析のポイント

実験・測定の正しい結果を導き、解釈・結論を正しく導くための

このイベントは終了しました

イベント概要

製造業では研究、開発、量産、出荷後対応の各工程で実験や統計解析を行う必要があります。しかし、解析の基本原理を理解していないために解析手法や適用対象を誤ったり、正しい結果が得られているのにその解釈・結論を誤ってしまうような例も少なくありません。
 本講義では、統計的推定・検定の基本的な手法について,Microsoft Excel(2010以降)の関数を利用して自力で解析・解釈できるようになることを目標とします。
 各種手法の原理的な考え方はほぼ共通なので、講義では、最も基本的な母平均の推定、母平均の差の推定に絞り、基礎知識を準備したうえで丁寧に解説します。そのほかの手法については、独習できる詳しい解説資料とExcelサンプルファイルを添付します。

必要な予備知識
高校卒業程度の数学の知識。微分・積分や複雑な関数の知識は不要。

開催日時 2019/04/16 (火) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム (東京都)

会場住所 103-8548 東京都中央区 日本橋小網町14ー1 住生日本橋小網町ビル
料金 43,200円
定員 20人
Webページ https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2463
ジャンル 生産管理
タグ

-