イベント登録数2,969

目で見てわかる機械保全・実践100例

実物や写真を見ながら細かく説明します。

このイベントは終了しました

イベント概要

現場の生産設備が老朽化やメンテナンスを行わないで設備を稼働させていると様々な故障が発生します。
 現場の設備が故障で停止すると、生産活動に大変大きな影響が発生します。生産設備をいかに故障なく継続して稼働できるかが今後多くの企業で求められることになります。
 現場生産設備で実際に発生したトラブルはどのようなことがあるのか、生産設備が故障した原因はどのようなことであったのか、故障した設備をどの様に修復したかを事例と解決方法について説明をします。他社で発生した実際の事例をもとに紹介を行い、どの様な保守メンテナンスを行ったか解決方法と今後再度生産設備が故障しないように現場設備ではどのようなことに注意しなければならないかを実際の現場写真を用いながら説明をします。他社の事例と解決を参考にしながら、自社設備の設備保全に結びつけることで、自社の設備を延命することになります。実際起こった現象を過去に経験した事例を参考にしながら解決方法を見出すのが稼げる保全マンの仕事になります。私が実際企業の中で経験した事例をもとに、解決を行った方法を写真や図で説明をしながら解説を行い、また、解決方法の糸口を説明しながら、どの様な知識や技能が必要かなど、これから始める稼げる保全マンになる為の導入として考えています。

開催日時 2017/12/08 (金) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 大阪支社セミナールーム (大阪府)

会場住所 大阪府大阪市中央区北浜東2-16
料金 43,200円
定員 20人
Webページ http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1200
ジャンル 生産管理
タグ

-