イベント登録数2,244

3日でマスターする応答曲面法セミナー

シンプレックス法、Box-Wilson法、EVOPなどの最適化手法の実践方法と解析方法を3日間で講義と演習を行いながら習得します。

イベント概要

 応答曲面法(response surface methodology)は、実験計画とデータ解析を組み合わせた方法として発展し、多変数を同時に最適化する手法として知られています。データを計画的に収集し、そのデータから最適な条件を見つけることを目的としており、実験による最適化のための強力なツールです。実験計画法とともに活用し、多数の説明変数の最適な組み合わせ条件を導き出すことや、実験計画法と最適化手法を組み合わせることで、多くの変数が関与する特性に関する最適条件を最少のサンプル数で求めることが可能になります。

 当セミナーでは、応答曲面法のための計画から解析に加え、基本となるシンプレックス法、Box-Wilson法、EVOPなどの最適化手法の実践方法と解析方法を3日間で講義と演習を行いながら習得します。

開催日時 2019/11/12 (火) ~ 2019/11/14 (木)
会場

一般財団法人 日本科学技術連盟 大阪事務所(新藤田ビル内) (大阪府)

会場住所 530-0003 大阪府大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル
料金 70,000円
定員 なし
Webページ http://www.juse-osaka.com/guide/deou.html?
ジャンル 生産管理
タグ

応答曲面法 実験計画法 最適化手法 日科技連