イベント登録数3,769

【実践】公差解析講座

自分の図面の公差は最適だと自信をもって言えますか?

このイベントは終了しました

イベント概要

図面の公差が最適な値に設定されている…と自信を持っていえる設計者が最近は随分と減ってきているようです。
「公差の最適化」のためには、各部品や要素に与える「機能」や「寸法公差」は試行錯誤によるすりあわせ作業が必要です。しかし、多忙な設計者は「すりあわせ作業」をすることができず結果として、設計トラブル回避のため、【過剰にきびしい値】にしたり、単純に過去の【類似図面を模倣】しているのが実情です。
 過剰な公差は、現場に負担となり、コストアップを招きます。
 このような状況を回避するための技術が「公差設計」です。公差設計を実施することにより、設計、生産技術、製造現場、品質管理、品質保証、および、購買担当それぞれで要求が背反する公差の値を、全部門が納得できる値にすることができます。
 しかし、『公差設計』を実践するにはそのもととなる『公差解析』技術を確実に修得していなければいけません。公差解析とは、各部品に与えた【公差の妥当性】や【全体のばらつきにしめる寄与度】を定量的に検証するための技術です。(そのため、公差解析を修得するには統計学の基礎的な理解が必須となります)
 本講座では、ます公差に関する歴史、概念、性質など、公差の本質を解説します。つぎに、公差集積の計算方法とその源泉となる統計学を学習し、最終的には、講師が開発したExcelベースの『公差解析ツール』を使って【公差の最適化】を実現する方法の理解と習得を目的とします。
 本【公差解析ツール】を使うと部品に与えた【特性値】と【公差】を入力するだけで、全体としての公差の集積結果が推定できます。さらに、【不適合品の発生率】や客先での【温度変化による特性への影響】も確認でき、これらの情報をもとに公差の最適化を進めることが可能になります。
 本講座では『公差解析ツール』を無價配布し、演習を行います。あわせてExcelで制作した統計学習支援ツールによる難解な統計数理の原理を体験していただきます。なるべくノートパソコンをご持参ください。
※本講座には『幾何公差』の解説はありません。

【対象者】
・機械設計、電気・電子回路の設計技術者やそれに関連した生産技術者
・品質管理にかかわる技術者
・工場を管理、経営する管理職の方
・Microsoft社のExcelを使った経験がある方

開催日時 2018/10/12 (金) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム (東京都)

会場住所 東京都中央区日本橋小網町14ー1(住生日本橋小網町ビル)
料金 43,200円
定員 20人
Webページ https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1921
ジャンル メカ設計
タグ

-