イベント登録数3,276

6つの視点を養う 「VA/VE設計力」強化トレーニング

①材料 ②加工法 ③加工工程④最適形状 ⑤部品削減 ⑥軽量化

このイベントは終了しました

イベント概要

ドラフターを使用しての2次元設計から2DCAD ソフトを使用してパソコン設計へと時代は移行し、現在は3DCAD ソフトを使用して設計するようになりました。
 形状を頭の中で3次元化して設計してきた20 年前に比べれば画面上で形状を確認しながら設計出来る3DCADで設計時間は確かに「早く」なりました。
 しかし、設計時間が早くなった一方で、どのような「加工工程、加工方法」が品質・納期・価格を左右する要素なのか「見えなく」なりました。
 ここに今日の「設計業務」の盲点があり、競争力に欠け、設計トラブルが後を絶たないという事態を招いてしまっております。
 本セミナーでは、材料・加工工法・加工工程・最適形状・部品削減・軽量化と6つの視点から設計トラブルを減らし、QCDを改善させる「設計力強化トレーニング」を行います。
 豊富な図面サンプルから、VA・VEをベースに、設計を「寸法、公差、形状、加工方法」から再考して、「不要なもの」を見つけ出し、無理・無駄の無い設計を進めて行く着眼点を解説し、具体例の実践手法及び最後にグループ演習で参加者にVAVE 設計を実感して頂ける様になっています。

【こんな方にお奨め】
 一通り設計は出来るけど、品質・コストコントロール力に自信が無いと言う若手の方、トラブル潰しの着眼点を学びたい方、VA・VEをも使った設計力お奨めの講座です。
 本講座はVA/VEの視点に基づいてはおりますが、理論の説明では無くサンプル図面の事例を用いて具体的に品質・納期・価格改善を行える実践手法を紹介及びグループ演習をおこないます。

開催日時 2019/02/18 (月) 10:00 ~ 17:00
会場

日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム (東京都)

会場住所 103-8548 東京都中央区 日本橋小網町14ー1 住生日本橋小網町ビル
料金 43,200円
定員 20人
Webページ https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2313
ジャンル メカ設計
タグ

-