イベント登録数2,141

アイデアを出すためのイベントに、いつ行くの?~@ITが取材したくなる4月15~21日のイベント9選

2013/4/12 @IT編集部 毎週末に、次の1週間(月曜日から日曜日まで)に開催されるイベント/カンファレンス/展示会/勉強会/コンテストなどの中から@IT編集部が注目したものを紹介していきます。週末に、今後参加したいイベントを探す参考にしてください。 @ITが取材したくなる4月15~21日のイベント9選  今回は、2013年4月15~21日に開催されるイベントを紹介します。今回お勧めするのは、Windowsストア アプリ開発、MySQL、モバイルファースト、HTML5+Web OS、ネットワーク、TypeScript、iPhoneアプリ開発などに関するイベントです。なぜか、アイデアを出すためのイベントが集まりました。  新年度ですし、新しくアプリやサービスのアイデアを出すことが多い時期なのかもしれませんね。@ITで「開発者がアプリのアイデアをヒラメクための22箇条まとめ」という記事が出たばかりなので、参考にしてみてください。 4月16日:第1回@IT Windowsストア アプリ選手権追いこみアイデアソン!  「エイっと作ろう! Windowsストア アプリ選手権」に向けて、Windows 8アプリ開発コミュニティ「Windows8 Developers」と@IT編集部が合同でアイデアソンを開催します。場所は、東京・赤坂王子ビル7階のアイティメディア会議室です。  連動イベントとして、第2回アイデアソンが26日に、ハッカソンが28日と5月3日に開催されます。いずれかの参加でも、全部参加でも問題ないそうです。 4月17日:株式会社バーグハンバーグによる振り切ったアイデアを出すための発想  東京・お茶の水のデジタルハリウッド東京本校ソラシティアカデミア3階駿河台ホールで行われるクリエィティブワークショップです。話題の企業バーグハンバーグバーグの代表取締役シモダテツヤ氏が、バーグハンバーグバーグの“ふざけた仕事ができるまで”を解説する予定です。 4月17日:MySQL Casual Talks vol.4 ~ 春のMySQLまつり ~  東京の日本オラクル青山センターでMySQLの勉強会が開催されます。事前登録は不要で、当日来れる人は受付終了時間までに会場に行けばいいそうです。5.6リリースに伴い本番投入した事例や、新人向けの話題が予定されています。 4月18日:モバイルファースト最前線  いま注目の「モバイルファースト」という開発手法・考え方についてのセミナーです。東京・住友不動産飯田橋駅前ビル1・2F ベルサール飯田橋駅前 ROOM1で開催されます。 4月20日:エフスタ!!とHTML5とか勉強会 2013 ふくしまの春風!  ITスキルアップ応援コミュニティ「エフスタ!!」と「html5j.org」が合同で開催する勉強会です。福島・郡山市民交流プラザ 大会議室1で開催されます。Web OSやHTML5、Firefox OS、レスポンシブ・ウエブデザインなどに関する講演が予定されています。 4月19日:JANOG31.5 Interim Meeting  日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ(JANOG)が東京・愛宕グリーンヒルズMORIタワー三井情報 本社セミナールームで開催するカンファレンスです。Ustreamによる生中継も予定されています。ネットワークの有識者たちによる多くの講演、アンカンファレンス、LTが予定されています。 4月20日:TypeScriptハッカソン2Days アイデアソン VSハッカソン倶楽部ハッカソン大阪第5回  VSハッカソン倶楽部主催のTypeScriptを使ってアプリを作るための2日にわたるイベントです。まずはアイデアソンが大阪富国生命ビル18階のサイバーエージェント大阪支社で開催されます。TypeScriptのインストールサポートも行われます。1週間後には、IIJ関西支社でハッカソンが開催されます。 4月20日:DevLOVE四国2013 めぐりあい四国  香川・高松シンボルタワー タワー棟5階のe-とぴあ・かがわBBスクエアで開催されるDevLOVEの四国版スタート勉強会です。Java、Android、Web、アジャイルなどの第一人者による講演やLTが予定されています。 4月21日:中学生・高校生のためのITキャンプ@公立はこだて未来大学  北海道・函館の公立はこだて未来大学で行われる中学生・高校生のためのITキャンプ「Life is Tech !」です。iPhoneアプリ開発に関するプログミング体験が予定されています。 一覧は、@ITイベントカレンダー+ログ事務局のページやGoogleカレンダーで  この記事が掲載されている本サービス「イベントカレンダー+ログ」のフォロー機能・公開マイページ機能を使い、@IT編集部が注目したイベントは、カレンダー形式でも一覧できるので、ぜひご覧ください。  また、この一覧は、Googleカレンダーや、そのほかのカレンダーアプリ/サービスで参照できるように、iCal形式でも配布しています。  気になったイベントは、TwitterかFacebookでサインインするか、新規でユーザー登録もできので、フォローしてみてください。自分だけのカレンダーを作成でき、iCal形式で出力できます。  また、フォローしたイベントはレポート記事が作成されるとメールで通知を受け取ることもできます。今回紹介したイベントは、“@IT編集部が取材したくなるイベント”なので、取材記事がレポートで掲載される可能性があります。参加できなかったイベントの内容もレポートで確認できるかもしれませんので、フォローしてみてはいかがでしょうか。 「イベントカレンダー+ログ」レポート投稿募集中! この記事が掲載されている本サービス「イベントカレンダー+ログ」では、イベント登録者がレポートを投稿したり、資料を一覧できるまとめページを作成できます。新着レポートは一覧に表示され、こちらのRSSにも配信されるので、ぜひご活用ください。